糖尿病の食事療法TOP > 糖尿病の基礎知識 > 糖尿病になる主な原因

糖尿病になる主な原因について

 
糖尿病になる原因は、種類によって異なります。


何らかの影響によって、すい臓からインスリンの量が必要量出せなくなって、
それにより各細胞が、ブドウ糖を吸収できなくなって起こる
これを1型糖尿病といいます。

いわゆる生活習慣病
運動不足、過食によってインスリンのコントロール
またわ、インスリンを出しているのに反応しない状態
これを2型糖尿病といいます。

妊娠によってホルモンのバラスを崩し、
それによって引き起こされる
妊娠糖尿病

薬、ステロイドなどの影響によって
すい臓に障害を受けインスリン正常に出なくなる

遺伝によって、すい臓がうまく機能しない

このような原因があります。


生活習慣病は、運動そして食事によって引き起こされた
病気ですので、糖尿病の食事療法によって
改善に向かうことが可能です。




薬なし・注射なし・食事だけで血糖値を下げる





食事療法の権威が教える
年間100人以上、30年以上にわたり、
ほぼ全ての人が血糖値を下げた方法。

なんと、120日間無料お試しできます。

効果が感じられなければ、代金一切不要。


>>>>詳しくはこちら<<<<


 

糖尿病の基礎知識記事一覧

糖尿病を知ろう

糖尿病とは、食事の後、消化・吸収されて血液中に入ったブドウ糖が、本来インスリンの作用によって、筋肉や脂肪細胞に取り込むのですが、何らかの影響により、うまく取り込...

糖尿病になる主な原因

糖尿病になる原因は、種類によって異なります。何らかの影響によって、すい臓からインスリンの量が必要量出せなくなって、それにより各細胞が、ブドウ糖を吸収できなくなって起...