糖尿病の食事療法TOP > その他の気をつけるポイント > アルコール

アルコールについて

 
アルコールは全くだめということでもありませんが、
血糖値が高い状態ですと控え目にしないといけません。

インスリンはすい臓で生産して肝臓に送り、
そこからの働きで、
ブドウ糖をエネルギーに変えて蓄えます。

しかし、アルコールが吸収されると、
肝臓がアルコールの分解を優先して行う為に、
インスリンの働きが、抑制されてしまいます。

糖尿病の場合
ビールなら350ml一本
日本酒なら1合
焼酎なら120ml
ウイスキーやブランデーなら60ml
ワインなら200ml

これくらいの量を超えることは避けたいところです。

お酒自体は体の熱量も上がり、
カロリーほど蓄積されませんが、
同時にいただく、おつまみがくせものです。

じつは、おつまみが進み太ってしまうのです。

なるべく食物繊維の多いおつまみを選びましょう。

こんにゃくや、海藻類などいかがでしょうか?


薬なし・注射なし・食事だけで血糖値を下げる




薬では糖尿病の根本的改善はできません。


毎月の検診・お薬代金2,000円としても
一年で24,000円
10年で24万円プラス毎月の通院の手間がかかります。


食事療法で解決できるかもしれません。



食事療法の権威が教える
年間100人以上、30年以上にわたり、
ほぼ全ての人が血糖値を下げた方法。

なんと、120日間無料お試しできます。

効果が感じられなければ、代金一切不要。


>>>>詳しくはこちら<<<<
 

その他の気をつけるポイント記事一覧

食べ方

●ゆっくり食べる日本人の90%以上を占める2型糖尿病その患者はほぼ例外なく、食事のスピードが速いです。なぜこれがいけないかというと、満腹中枢は、食べた量で満腹だ...

アルコール

アルコールは全くだめということでもありませんが、血糖値が高い状態ですと控え目にしないといけません。インスリンはすい臓で生産して肝臓に送り、そこからの働きで、ブド...

油は極力控えることが必要です。例えばソーセージなら焼くより、ボイルしたほうが脂分が落ちます。油を必要としないフライパンに変えるのも一つの手です。フライパ...

運動

散歩やウォーキングを、少しずつでも取り入れるようにしましょう。ヒザや腰が痛くて、ウォーキングすることも難しい場合は水泳や乗馬型マシーンなどがお勧めです。...

リンク

糖尿病の食事療法トラック CD DVD ナビ デコデコ高血圧の改善性病の初期症状舌下免疫療法 花粉症治療を始める前に知っておきたいこと ...